2011.10.26 Wednesday

最後の決め打ち(小笠原釣行その4)

 10月14日
昨日の興奮と余韻が残ったまま、今日も青木さんと、
しかも小笠原の磯に立てる事が非常にうれしい。

学ぶべき事を学び、感じる事を感じ、やるべき事をやった。
自分の釣りのスタイルは、ある意味自由で、いつも通り思考もアクションもニュートラルだ。
まぁ今日は今回の釣行最終日だし、少し真剣に小笠原での歩を進めてみる事にした。

IMG_0011.JPG

東側からのうねりに伴い、潮波とうねりが交わる西の離れには乗れそうもない。
秀洋丸は港より南西側にある沖磯に進む。

IMG_0021.JPG
絶景なのだ・・・物凄い迫力がある。
名礁カレンダーで見たことあるよね!!あの世界に居るから不思議だ。

IMG_0017.JPG
今回の同船者、「さくちゃん&もっくん」が、先に瀬に降りる。
どうやらここも一級ポイントのようだ。


実は昨日から「デッドベイト」の技を体得してみる為に、実際に真似していた。
今日もそれの続きから入った。
IMG_0027.JPG
底物達が次々にヒットして、魚影の濃い事や、アオキさんのこの釣りの完成度が伺えてみえた。
単純に楽しいということも勿論なのだが、これがまたファイトの良い練習にもなる。
IMG_0028.JPG
アカマスも釣れた。
これがまた良く引く、瀬際を旋回されたので移動したら足元がフラつきコケてしまった。
体幹を鍛えバランスを養わなければ^^

ルアーを引っ張るような釣りとまたちょっと違う感覚である。
デッドベイトを十分楽しんだ。

さぁ、ルアーで小笠原の魚に併せてみよう。
昨日も何度か投げて、カスミアジやギンガメアジを釣っていたが、
ただ適当に投げて掛かっただけで呼吸を合わせる程の達成感は無かった。

今日は一通り瀬を移動しながら投げて、「ポイント」を選定し、回遊を待つ釣りにシフトした。
ヤンバルのハリアーで広範囲を攻め、「場所」を選定した。
10キロ程度の大型青物が数匹でチェイスしてきた所で陣を構え、「リッパなジョニー」で食わせ
のアクションにシフトしたが、それ以降追って来る事は無かった。

瀬変わりして潮通りの良い水道
IMG_0031.JPG
アオキさんは相変わらずバンバン釣りまくる。

自分は瀬の移動可能範囲を右から左へ周り、水深があり潮の少し緩むポイントで回遊を待つ
あとは回遊を待つだけ。
P1000896.JPG
ポイントの選定に意外と時間を費やし回収の時間まで1時間を切っていた。
サーフェイスプラグを試したがなかなかトップには出ない様子
早々と「梅雨ブギィD10」にチェンジして、アンダーサーフェイスを探るが、
それにも反応が無い。
カウントダウンさせてゆっくり引いているとどうやら底潮は動き始めている様子。

カウントダウンさせてジャーク&ステイでフラッシングを狙うと
IMG_0046.JPG
「ガツン」とバラクーダが食ってきた。
決め打ちでの獲物は何でも嬉しい、少しでも答えが出たのだ。
bara.jpg
バラクーダとはいえ満足の1本
さぁ!回収まであと30分切りました残りを完全燃焼させるため黙々とルアーをキャスト。

先程と同じカウントダウン後のジャーク&ステイで「ズドン」ときました。
いやー引く引く20キロぐらいのイソンボが掛かったかと思った。
IMG_0057su.jpg
サイズを感じ、ドラグを引き出させ、沖で何度か旋回させてから一気に寄せ、
掛かり所を確認してリーダー持ってズリ上げた。

アオキさんが駆けつけてきてくれて、祝福してくださった。
達成感のある1匹が凄く嬉しかった。


ん〜強かったね君

キハダでもカツオでもイソンボでも紡錘形の青物全般そうなんだけど、
「口を開けた状態でステイした高速ピッチのヘッドシェイク」
これで「ポロリ」することが多いんだよね、
特に硬いロッドでPEライン使用時は追従しきれないので特に多い
あと、旋回や、方向転換の速さでテンションが抜ける事も稀ではない。

その点には気を付けてファイトしたけど、何より首尾良く捕れてよかったよかった (^^)


サーフェイスに反応しない時のアンダーサーフェイスの選択は「絶対にアリ」で
当然ながら攻めに厚みが出る。

満足感に浸る間もなく丁度回収の時間。

ほんの少しの達成感と沢山の課題を残し今回の実釣は終わったが、

「小笠原釣行」はスタートした
2011.10.25 Tuesday

小笠原で世界遺産に会う (小笠原釣行その3)

10月13日
昨夜、豪華な夕食をたらふく食べて、床に就く

明日、あの夢にまで見た小笠原の磯に立てる・・・
そう・・・釣りサンデー別冊「巨魚フィッシング」で見たあの世界に居るのだ
自分の中では小学生の時に見た「横当島のカッポレ」のビデオに匹敵するぐらい
超衝撃を受けたあの地にいるのだ。

IMG_0004.JPG
朝、弁当で渡された朝食を出船前にたいらげ、秀洋丸で沖磯を目指す。


IMG_0006.JPG
海は凪ている。
「東京〜小笠原」の情景のギャップだろうか?
魚との格闘を前にして、何故か穏やかな気分になる。
リキんでないので良しとする

IMG_0025.JPG
2日間同船させてもらったアオキさん。
「磯の作法」でお馴染みのスーパーアングラーだ。

実は自分は、「隠れアオキファン」で、自分は一度でいいから彼の「技」を見てみたかった。
たぶんそういうアングラーは多いと思うし、身の回りでも何人も居る。

念願叶って一緒の磯に乗れるとあって、とても光栄だ。


IMG_0041.JPG
まず、知っての通りアオキさんのスタイルは「デッドベイト」と「ライブベイト」による
ワンマンスタンダップスタイルであるが、特筆すべきは、
「ロックショアからIGFAルール」に従った「純然たるスポーツフィッシング」である事。

IMG_0044.JPG
アオキさんの釣りはシンプルである。
タックルも、システムも、IGFAのルールに則ったシステムである。
動作一挙手一投足に深い意味があり、洗練されていた

IMG_0045.JPG
30lbタックル(ナイロン8号弱)で次々と底モノが上がる。
IMG_0051.JPG

15キロあろうかというコクハンアラがあっという間に上がってくる。
果たしてこの意味が解るだろうか・・・

アオキさんは別格だった。

同じベイトタックルではあるが、
自分→PE→硬いロッド
アオキさん→ナイロン→曲がるロッド

と、気性が全く違うタックルなので、とても勉強になる。
というかアオキさんの釣りは自分に足りない何かを確実に知っているし、持っているのである。
「見とかないと絶対に勿体ない!!これぞ世界遺産だ!!」
と思い、「技」をこの目焼き付ける為に己の釣りをそこそこで中断することにした。
IMG_0064.JPG
アオキさんと話し、共通点も多数あった。
チラッとしか話さなかったが「魚と呼吸を合わせる」事に関しては、
自分が最重要ハードルとして取り組んでいる事であったし、

単に投げ散らかしているように思われるルアーフィッシングでは、
魚との出会い頭の距離感から最後のスムーズなランディングに至るまで
「呼吸を合わす」事にはことさら多いのも事実だった。

あまり人に話さない、というか真剣に磯で魚と向き合った者だけでしか話せない
非常に「コア」な話題なのだ。

IMG_0077.JPG
今まで自分なりにタックルとシステム、対応法を昔から試行錯誤してきた。
タックルは過去から比べると、飛躍的に進歩したが、「自分は進化したか?」と考えると、
先進タックルほど進化してるとは言えない、先進タックルに頼っているに過ぎない。

自分なりに何らかのコダワリを持って接しなければ、
釣りとは、「お金と情報で解決できるスポーツ」
と言えば身も蓋も無いが、軽口をいえばそんなもんになってしまう。
そうなればそんなのスポーツでも何でもありはしない。
ただの漁師ゴッコである。

人間による「技」の介入が無ければ薄っぺらな物になってしまう。

自分の現在のコダワリは「ルアーで磯から30キロぐらいの魚をコンスタントに上げられるタックル&システムベストバランスの構築」であるが、ロッドを強くして、ラインも頑丈にして、現在タックルの中で一番弱い「人間の経験値と体力」を伸ばしている途中である。

技を鍛え、法則を知り、摂理を学ぶ
達成感とはその上にくるもの
IMG_0080.JPG

アオキさんがコレを掛け、奴が最後の抵抗を見せ右の瀬に魚が旋回した時、
「移動しますか?」と自分の問いに

「いや、大丈夫」と答えた

自分は、彼が全てを知っている事を悟りました。


縁あって、日本の辺境の地に、スポーツフィッシングの「磨き抜かれた技」を一部始終見る事が出来た。

言葉では言い表しきれない「極意」をアオキさんは沢山持っていたし自分もそれを余す所無く
感じとれたと思う。

磯でそれなりに釣ってないと感じえない特殊な感覚の数々

アオキさんの分野である「デッドorライブベイト」がルアーでもなく、磯大物エサ釣りの超ヘビータックルにも当てはまらない特殊な分野ではあるが、
メディアに出てこない「本当の本物」をちゃんと評価できるメーカーが居ないのが非常に残念でならない。

それだけメーカーの目が「魚」ではなく「お金」に向いているのかもしれない。




磯の作法
http://rockfist.exblog.jp/



小笠原釣行その4  に続く・・・
UZU Craft Blogはこちら
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode