2018.09.04 Tuesday

SUPフィッシング講習1日目

SUPフィッシング講習。今回は和歌山から来られた山本さんです。陸上で基本的な座学SUP、パドルの扱い方、リーシュコードの接続法などを学びます。 フィッシング用ではなく、まずは不安定なボードで基本的な動作を学びます。

 

沖に漕ぎ出して、まずは「再乗艇」の練習です。ボードの斜め後ろから斜め前に向けて再乗艇。これが基本でものの10分もあれば感覚として慣れますが、動作として慣れるまでひとつひとつの動作がモタつきます。荒れた海上では「一瞬のモタつき」が命取りになるので、できる限り早く乗艇→移動 スムーズにできるよう訓練します。

 

講師は森島君です。「パドル投げ→落水→再乗艇→ブローンパドル」 のメニューをひたすらこなします。ブローンパドルとは、腹這いのパドルです。パドルを流した時や危険退避に使います。

 

スパルタです。近くに住んでいらっしゃれば何度でも講習できるのですが、2日間短期集中コースでSUPフィッシャーに仕上げるのでこちらも必死です。あとは得た知識と経験をお近くの海で定期的に実践、確認してもらう必要があります。

 

ターンの練習を経てその後は、漕いで、漕いで、漕いで・・・ひたすら漕ぎながらのパドルレッスン。初心者には不安定なボードなのでなかなか難しいのですが、山本さんはカヤックをされていたと言う事もあり水の「キャッチ」や「タッチ」にセンスを感じます。あとは上半身で得た力を2本の足に分散し伝達することができればOK!ここは経験による慣れが要求されます。

 

小休憩をはさんで小波トレーニングです。再乗艇→危険退避→ターン→テイクオフ など基本的な動作が集約されているので楽しみながら上達ができるトレーニング法です。

 

実は・・・SUPフィッシングよりSUPサーフィン歴が長いので、SUPサーフィンのレベルアップ講習もできますのでお気軽にお問い合わせください。

 

場所を移動して再び小波トレーニング。波がサイズUPする予報。腿腰波でセット間隔長く良いトレーニングになります。そうこうしているうちに次第にサイズUP。フラットな海面にクリーンな波が沸き立つ・・・何度見ても不思議な光景です。

 

波に巻かれて落とされて 再乗艇→ブローンパドル→沖に出る→波をキャッチ これをひたすら繰り返します。一瞬一瞬の判断と機敏な動作が要求されます。「波に乗る事」が目的ではなく、基本的な動作の反復訓練です。

 

正直ツライ訓練です。しかし、これを小波→大波までする事により自分の限界値を知る事ができます。

 

いつの間にかセット頭!こんなにハイクオリティな波がサイズUPして楽しい状態に・・・

セット間隔は長くピークに切れめがある優しい波でした。

 

何度かテイクオフを成功させた山本さんでしたがこのサイズのスープに何度も揉まれ流石にギブ。ホワイトウォーターカヤックとはまた勝手が違うようです。

 

しかし、全力でやり切ったとても清々しい顔をされていました。一日の濃密な経験は値千金です。
しっかり休養を取って二日目はSUPフィッシングの講習。

 

※今回は短期特別合宿メニューでさせてもらいましたので、通常の講習内容は下記SUP講習メニューを参考にしてください

 

SUP講習メニュー

UZU Craft Blogはこちら
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode