2012.09.14 Friday

ソルティガLD50HS

私たちが愛して止まないベイトリールの一つの
「ソルティガLD50HS」
なんですが、GTなどの大型青物キャスティングなどに良く使ってます。

他のベイトリールと比べて意外と癖があり、多少厄介なのだが
(LDベイトリールでキャスティングすること自体に癖があるのだが・・)

今の所仲間内では高評価を得ている。


ヘッジホッグスタジオさんの協力で、
痒い所に手が届くパーツなどを現在開発中であります。

当然、必要な強度を残しつつ
糸巻量が10パーセント程度UPさせてます。

純正スプール112g
細マッチョスプール87g

純正スプールより25g軽〜く「細マッチョ」になっております。

回転のアガリだしや、サミングした時の止まりもやたらと軽くなってます。
さて・・・これが自分の気のせいなのでしょうか?

内径部分を削ったのでまぁそんなもんと思います。


今度、純正と「細マッチョスプール(仮名)」同じ条件でイロイロと実験してみます。
もしかすると・・・・楽しみです^^

他にもイロイロとパーツを開発中で〜す。

あまりにもマニアックな商品の為、UZUでも業販、直販をさせてもらう予定です。
詳細決まり次第UPします。



2012.03.30 Friday

ベイトロッドマゲマゲ大会!!(リールシートアンダータイプ編)


ぐりぐりやっていきますよ!!

DSC_0165.JPG
フィッシャーマン ビッグゲーム トカラ12
(ヨシダ氏所有)
もう説明は不要ですね、凄いロッドです
凄くあこがれていました!!

まさに獣対獣の格闘ロッドですよ。

やっぱり男の子ってこうじゃなきゃね!!

 BG−TKR12.JPG
12キロテンション↑↑ ビッグゲーム トカラ12 +SALTIGA LD50HS

自分よりもうちょっとアングラーのウェイトがあったほうが良さそう。
ズッシリ腰を沈めれそうです。

自分じゃ浮きそうです。
パワーも体幹も足りてません。
リーチは抜群に効いてます。

このロッドは立て角70℃ぐらいまでで立てずに使うインファイト向きテーパーと言えます。
巻きも厚いので立てても平気だと思いますが、自分じゃ立てられなかったです。

ここには無いけど、GIANT11は逆に立てて使うオープンファイト向けロッドと言えます。

これをヒョイヒョイ扱えるカッコイイ漢になりたいです。



DSC_0168.JPG
SWELLS スタンディングロック11
(ヨシダ氏所有)
きたきたこれこれ!!みんなを震撼させたあのシリーズとはこの事
イエローフィンのシルエットにホレましたよね^^


SR−11.JPG
6キロテンション スタンディングロック11+SALTIST LD50HS

今こんなロッド無いよね!悪い意味ではなく、ロッド全体ががバネになり、
魚のキックを殺すロッド。

本当はもっと立ててロッドの反発力を生かす使い方が正解です。
写真の角度はリーリングしてポンプダウンさせた位置ぐらいと思ってください。

魚には効くんだなコレが!!柔よく剛を制す為のロッド

もっとロッドを立てればティップを殺さないベンドが見れて、
このロッドの本質に迫れるのですが、画角的に無理でした。

スタンディングロック11って今の人でも受け入れられるかも・・・
あらま意外に中性的なロッドです。

DSC_0169.JPG
SWELLS スタンディングロック12
(ニーナ所有)

ナイロン30lbのマジックロッドとは実はコレの事

11より、バネの長さが1フィート長い、
実は去年このロッドでアオキさんにコテンパンにイワされたので、
今年トカラでデッドベイト放り込んでみようかね〜^^なんて考えています。

影響され過ぎてます。。。スポーツフィッシングスタイル
モチ!ナイロンタックルでやりますよ。



SR−12.JPG
6キロテンション スタンディングロック12 + SALTIST LD50HS

いや〜実戦投入が楽しみですね〜トルクフルです。
ティップが柔軟なので、ヨコズルなダイビングペンシルとかミノーとかの操作感もイイカモ!!

手前のハエ根からロッドを立てた状態でも、メリクリ剥がすトルク
立てて「し」の字になった状態も見せたいんですけどね

やんなかったです。

6キロ半+サムプレススタートってとこかな^^
実際使ってみたらまだギリセッティングでいけそうな気もします。



DSC_0167.JPG
SWELLS スタンディングロック 12H
(ヨシダ氏所有)
12フィートのレングスでややハードなタイプです。
ガチガチヘヴィという訳ではなく、トルクフルな事には変わりありません。

SR−12H.JPG
6キロテンション スタンディングロック12H +HSALTIST LD50HS 

ベンドカーブ的には癖は無いです。
印籠ジョイントの所で多少止まるものの、こうやって見ると、
なだらかにバット側に負荷が移行しています。

魚からすれば嫌〜なこのトルク、
スタンディングロック12と比較して、パワーレンジがハイテンションサイドに
ズレ込むとお考えください。

このロッドのポテンシャルを生かす使用方法は、ファイト中、ロッドを立てる事です。
腰を預けることができれば楽になりますが、人間の脳ミソは良くできてます。
この意味を良く理解したうえでお使いください。

パワーやアングラーのウェイトという訳ではなく、技術と体幹でカバーできるロッドです
玄人向けですよコレ



DSC_0170.JPG
MOON(M1363−UM9P特注)
(ヨシダ氏所有)

作りが綺麗です。日本のクラフトマンシップ!!触った事が無かったので一番曲げるのにワクワクしたロッドです。

このロッドの正しい見方
AFTCOアルミリールシートを撫でて、まずため息をついてください。
そして綺麗なピーコックを愛でて・・・・
おもむろにグリップエンドキャップを外す。
スラリスラリと継いだ日にはもう・・・Muuuuu・・・Yeah!!

グリップ脱着の印籠とティップ&ベリー印籠の3セクション
カッコ良すぎます。


X3.JPG
9キロテンション MOON (M1363−UM9P特注)
見てください 綺麗なカービング!!ストレスないですね
X4.JPG
ライブベイト用のグラスティップ(トップセクションのみ)

曲げてわかったんだけど、段差のないブランクがキュッとしなり、この美しいカーブ・・・
このロッドの究極は、スムーズにしなるベンドを間近で見れるアングラーが一番幸せなんですね^^
そうです中身から綺麗なロッドなのです
このトルキーさは、魚にとって不幸だなぁ

メタルパーツが良いバランサー代わりにもなり持ち重りも感じません。
良く考えられて作られています。

ブランクは70’USAのスポーツフィッシングから蓄積した集大成だそうです。
デッドベイトorライブベイト、軽めのルアーに向いていそうな気がします。
残念ながらM1363−UM9Pのブランクは現在庫が無く、
2ランク下のM1363−UM7P数本だけとか・・・
ライトGTナイロン30〜50というブランクもオススメだそうです。
カスタムロッドとして1本1本仕立てあげているようなので、
気になる方はMOONに問い合わせてみては・・・


それにしても印籠継でこのベンドカーブって凄いです。



UZU Craft Blogはこちら
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode