2011.09.23 Friday

「偽のシャバジグ」を「俺のシャバジグ」に交換します!!

「俺のシャバジグ 」のUZU認定する複製品「偽のシャバジグ」について、

「偽のシャバジグ」企画販売小売社(A)
「偽のシャバジグ」製造会社(B)
株式会社ウズスポーツフィッシングラボ.

この3社のご協力によって、「偽のシャバジグ」の問題が大筋解決した事、並びに

「偽のシャバジグ100g」→本物の「俺のシャバジグ60g」(未発表モデル)

に無償で交換するキャンペーン
を発表いたします。

写真上の「偽のシャバジグ」タグ等無しに見覚えがある方は使用を控え、保管しておいて下さい

尚、小売店の方は、売り場から下げてもらえるとありがたいです。
無償で本物と交換いたしますので、交換後は本物の「俺のシャバジグ60g」(未発表モデル)をメーカー希望小売価格で販売していただきます。

交換対象は、お店に陳列されているもの、小売店様から購入した個人のお客様、
使用した物、中古の物、当該商品全てにあたります。


その前に、皆様が混乱するといけないので、今回の経緯を詳しく説明いたします。

上)「偽のシャバジグ100g」
下)「俺のシャバジグ100g」

詳しい画像は近日UPします。




「偽のシャバジグ100g」ができるまでの経緯

小売店(A)の顧客(C)が、仲間内で使うから「シャバジグ100gを複製してほしい」
と依頼、1200本注文
 ↓
製造会社(B)に製造を依頼
 ↓
1200本完成、小売店(A)が顧客(C)に連絡がとれなくなる
 ↓
AはBへの支払いの為、仕方なく「オリジナルジグ」として販売を始める。
 ↓
小売店で一気にまとまって売れる訳ではないので、BはAから金銭を回収が不可能
 ↓
見かねたBの営業は、300個程引き揚げ、他の小売店へ格安で売り捌く
 ↓
現在に至る。



簡単に説明したらこんな経緯ですが、
この経緯を、小売店Aから告白されたとき、いろんな感情がどっと流れ込んできて
本当に、本当に泣きそうになりました。


じゃぁ悪いのは誰?


悪い事とは知りつつやったAの店主は謝罪し、製造したBの営業のAを思いやる気持ちによって
世間にばら撒かれた。

そうして、誰からも愛されない「偽のシャバジグ」がなんだかとてもかわいそうになってきて、
溢れる感情をグッと堪えて店主に約束しました。


全部無償で、「偽のシャバジグ」溶かして
全部本物の「俺のシャバジグ」にする!!
本物のシャバジグにするのは俺にしかできない事


まぁそんな感じです。

そうです・・・その場の勢いです


でもね、いいんです

かわいそうな「偽のシャバジグ」もう見たくないから
2度とコピーされたくないから

大陸で無尽蔵に量産されて無い事を祈ります。

詳細については、「俺のシャバジグ60g」製造工程が決まり次第UPします
UZU Craft Blogはこちら
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode