2015.04.27 Monday

☆続・SUPFのレイヤリング☆

雄大な自然の前では人間がいかに無力であるかを思い知らされます。
 
同じSUPFでも自然状況、運動量、用途に合わせてレイヤリングはこうも違います。



finetrack 谷津さん。落水の危険性を踏まえてフラッドラッシュをメインにウォーターレイヤリングで参加、2回目となるSUPFを堪能しました。
カミノショートパンツ自分もタイトなシルエットが好きです。
落水しても安心のゴリゴリのウォーターレイヤリングです。


イノウエ
さんは落水しない事を前提に、肌寒い時間を意識した汗を処理する為のレイヤリング。
GS-T、ロフティ、パンツは今イチオシのクロノパンツ。
勿論撥水効いてるので少々濡れてもポロポロパリッとすぐ乾きます。
肌寒い時間帯とその後の汗処理にウェイトをおいたレイヤリングです。



今日はクロノコンバートパンツをはいている人がたまたまエエの釣れました。
午後から暑くなりそうだったので汗でのクーリング効果があるラジエーションTにGS-t重ね着してます。パンツはクロノコンバートパンツ。
ジップオフで裾が取れるので短パン忘れても大丈夫ッス。
飛沫が飛んできても、ボードに座って濡れても、乾きが早いので違和感無いです。
落水しなければ汗処理、飛沫を考えてこんなレイヤリングもOK


レイヤリングの基本的な考え方
要するに自然条件や運動量により
「水の浸入をガードする」 
「汗処理」
「クーリング」

何処にフォーカスを絞って、ウェア内の肌を快適な環境に保つかということを前提としております。

上記紹介したレイヤリングどれも正解ですので参考までに・・・
レイヤリング道は奥が深い。まずはお持ちのウェアでの特性を良く知り試されてください。
finetrack、Outfits、以外の商品のレイヤリングに付いてでも結構です。
フィッシングレイヤリングに付いての質問等どしどしお受けいたします。




みんなノー落水だったけど、ジャブジャブ浸かった所だけ足湯で清めて帰りましたとさ。
おしまい


2015.04.10 Friday

引っくり返っちゃダメだけど・・・


 ボード.jpg
早朝から仕事の「Mナミさん」からメールで
「浮きたい・・・」という切実なメール。

たいして釣れなかったが、先日もいい感じで朝の浮遊感を楽しむことができた。

さてさて、今日は魚探BOXの紹介。
RIMG0152.JPG
最近のお気に入りはドカット4700。これ便利です
あまりにベタなので、今まで購入を控えていたのですが、SUPFで魚探を積み込むには、
操作しやすい高さも中皿の使い勝手もいい感じです。
使いやすくちょっとカスタムするとこんな感じです。

RIMG0167.JPG
ハンドルに穴開けてゴム付けて・・・
RIMG0169.JPG
ハンドルだけ内側、ゴムを外で固定してファインダーの日よけ&スプレーガードになってます。風でもパタパタしないです。意外と便利です。

中皿部分
RIMG0164.JPG
電源です。充電池10本でだいたい13Vぐらいです。
充電池の容量とファインダーの輝度にもよりますが、6時間ぐらいは持ちます。
ブッシングした密閉容器でマガジンごとフィールドで付け替える事が可能です。
※振動子、電源の線は必要に応じてカットして短くしてます。

RIMG0165.JPG
振動子はボードの下にペチャっと吸盤固定!
パドルが当たらない所に取りつけるのがいいと思います。

RIMG0170.JPG
振動子の線は傷付けない様に溝を掘ります
RIMG0171.JPG
こっちにもクリアランスを設けます。
上の黒いパーツは簡易ロッドホルダーです。

デッキに固定

ドカットのハンドルの横のプラスチック部分に穴開けてタイダウン用のゴムとフックを付けます。デッキにあるリーシュカップにヒモ付けてます。

ひっくり返らなければコレで大丈夫。
そう・・・ひっくり返らなければの話でした。


UZU Craft Blogはこちら
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode