2015.06.25 Thursday

梅雨ですが・・・



SUPF・・・


今度はもっとデカいの掛けたいな〜
ボードがもっと「ビュ〜」っと勢いよく走るヤツ・・・

まだまだ修行中に付き詳細は後日

2015.04.27 Monday

☆続・SUPFのレイヤリング☆

雄大な自然の前では人間がいかに無力であるかを思い知らされます。
 
同じSUPFでも自然状況、運動量、用途に合わせてレイヤリングはこうも違います。



finetrack 谷津さん。落水の危険性を踏まえてフラッドラッシュをメインにウォーターレイヤリングで参加、2回目となるSUPFを堪能しました。
カミノショートパンツ自分もタイトなシルエットが好きです。
落水しても安心のゴリゴリのウォーターレイヤリングです。


イノウエ
さんは落水しない事を前提に、肌寒い時間を意識した汗を処理する為のレイヤリング。
GS-T、ロフティ、パンツは今イチオシのクロノパンツ。
勿論撥水効いてるので少々濡れてもポロポロパリッとすぐ乾きます。
肌寒い時間帯とその後の汗処理にウェイトをおいたレイヤリングです。



今日はクロノコンバートパンツをはいている人がたまたまエエの釣れました。
午後から暑くなりそうだったので汗でのクーリング効果があるラジエーションTにGS-t重ね着してます。パンツはクロノコンバートパンツ。
ジップオフで裾が取れるので短パン忘れても大丈夫ッス。
飛沫が飛んできても、ボードに座って濡れても、乾きが早いので違和感無いです。
落水しなければ汗処理、飛沫を考えてこんなレイヤリングもOK


レイヤリングの基本的な考え方
要するに自然条件や運動量により
「水の浸入をガードする」 
「汗処理」
「クーリング」

何処にフォーカスを絞って、ウェア内の肌を快適な環境に保つかということを前提としております。

上記紹介したレイヤリングどれも正解ですので参考までに・・・
レイヤリング道は奥が深い。まずはお持ちのウェアでの特性を良く知り試されてください。
finetrack、Outfits、以外の商品のレイヤリングに付いてでも結構です。
フィッシングレイヤリングに付いての質問等どしどしお受けいたします。




みんなノー落水だったけど、ジャブジャブ浸かった所だけ足湯で清めて帰りましたとさ。
おしまい


UZU Craft Blogはこちら
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode