2013.02.11 Monday

ワインディングトレイル SW3月号

昨日、磯に降りる前、友人に

友人「アレ出てたね」


って言われた「アレ」がコレ 
依頼されて、原稿と写真を送って、いっときタイムラグがあるので、何書いたっけ??・・・と忘れてしまう。


「ワインディングトレイル」というタイトルで、隔月連載させてもらってます。今回はその連載のソレでした。

友人とは、この時、写真を撮影してくれた木原氏!!
雨やミゾレの中、歩いたり泳いだりして楽しかったね^^

WB109HR−BとソルティガLD20HS絶好調です。この位のヒラマサは超余裕
まぁこんな感じの記事なんですけど、行き着くまでの過程をドキュメントとして書き綴ってます。

SWまだ自分も読んでないけど、要チェックかも!!

丸い上顎口角と扁平なバディに小顔でヒラマサって同定したけど・・・こう写真で見ると胸鰭のアガリ具合?消えかけのライン?が写真では・・・こんな個体もいるんかな?って感じ。

みんな同定の判断基準って項目別に見てどこ優先どうしてるんだろうか?
バンバン見る魚じゃないので、パッと同定できないッス^^






その後日なんですが・・・・・
一緒にランガンローラー作戦行ってくれたお友達とまだまだヤッツケてます。
ブリちゃんをウータンで釣ってくれたのは

ヤマケン先生!!113Rで激シケの中ルーズコントロール!!間違えなく技アリの1本デス!!お見事!!


とりあえずおいらもブリ追加、掛かった時はダブルだったのに・・・
帰り31アイスをダブルで食べようと決意。

こんなんブツモチ写真は正直どうだっていいんだけど、ここまでの過程を努力するからこそ楽しくて仕方ないのだ。

ポイントは何処だとか、そんな事「車から歩いて行ける範囲」だからどうだっていいでしょ?釣果は大切な楽しみの一つだが、その過程こそ最も重要。

写真を見て場所が解った人も、解らなかった人も「アレは〇〇ですね〜」なんて知ったかぶるのも、カマをかけるのも野暮!!

知らないふりをして誰にも言わないのがヲトナの気遣いである。
そんな人だらけなら、もっときれいな景色の写真いっぱいあるのにね・・・

「何処で釣れるか」
という事はシーズンや条件により異なる、一過性の知識と言えるが、

「どうやって探したか?」
については積み上げる事のできる知識なので、それについて、もっともっと深〜く考えなければならない。

そういえば・・・あと一人居なかったけ? (↑木原氏)
自分がFショーの時、ヒラマサでリベンジを達成したそうです。めでたし!めでたし!

今日のセレクトはサッポロ一番「カップスター」←木原氏チョイス

寒い磯で食うカップラーメンほど美味いカップラーメンを食べた事がない  キッパリ!!
やっぱり「ハッフッホ」タイムは必要不可欠なのだ!!

って言うかパドジャケってなんでこんなんピンポンパンなカラーのしかないのかね^^
いつかちゃんとしたの作りたいッス


2013.01.25 Friday

ジツハ SW 隔月連載 シテマス

もう2月号出てるけど・・・
1月号から、SWで、「ワインディングトレイル」ってのを隔月連載させてもらう事に
なりました。有難い事です。

 SW1月号
↑1月号は男女群島の黄マグロに見事2連敗を喫した清々しい負けっぷりを果たしました。
不甲斐ないです。デカかったねぇ・・・・「グハァ」


1月号 江田氏はフフフンなキマグロー(男女にて)

そんな隔月でも連載を持つほどそんな
大それた事をする子に育った覚えはありませんっっ、

それほど釣りの引出も腕前も無いのにね〜、だいたいほらアレでしょ?
多数の方々から共感を得られるような一般的な釣りをして無いし・・・
(と自分で自覚していますヨ、実は)

まぁ、ただ、ショアフィッシングの本当に楽しさを自分目線で正直に書いていきたいと
思っている次第です。

(2月号は宮崎の松岡さんの「THE DAY」が始まりました。松岡さんと交互の連載です)

3月号は果たして・・・・タブーとされてきた地磯青物にメスが・・・「潮苔泥沼必至」
地磯青物って難しいから止めらんない楽しいよね^^
IMGP0377.JPG
アンタまたアホやね!! またベイトリールでやってんの?
スピニングの方がアレなのに・・・・

いいんです。アホでもなんでも、やってて楽しいから・・・
ストイックとは微塵も感じてませんよええ。
好奇な冷ややかな目にもだい〜ぶ慣れてきたし ・・・

3月号は MC WB109HR/B+ソルティガ20HS ウータンとかで何か釣れるかな?

「当然、地磯青物ベイト縛り!!」

聞いただけでクラクラと眩暈がするような、途方もない縛りに挑戦しました・・・
縛ることによってゲーム性が増し、試行錯誤の楽しみが増す事だってあるし、
とびっきりの達成感もあるはず。

というのも、「ベイトでの青物」って、そもそもどうよ?って事なんだけど、
「導入の釣り」が定着しない事には「ベイトでの大型青物」ってのになかなか発展は
しないし、日常な釣りとリンクしないと上達もしないでしょ?

今回やってみて思った事は・・・「めちゃくちゃ面白い!!!」
正直アリな世界だね^^


SW3月号に乞うご期待。



UZU Craft Blogはこちら
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode