2014.05.08 Thursday

陸っぱり青物スタイル2

GW中はサーフィンとヤマメ三昧でした。

「魚を探す釣り」ってのがコンパクトに凝縮されているからやっぱ楽しい。
時間と仕事、そして現実から逃れるように徘徊しちゃいます。
今年こそ40オーバー釣りたいな〜
その前に仕事いっぱいしなきゃですわ。




さてさて、今回は本の紹介

岳洋社からでている「陸っぱり青物スタイル2」の
LOCOPOWER特集コーナーに書かせてもらいました。

記事入稿したのがちょっと前の事なので、うろ覚えなのですが・・・
多分楽しい事を沢山書いた筈です・・・・たぶん。

奄美の友達とか、コッチの友達、体験談、とか書いたような気がします。
いつものように怪しげな秘密のテクニックとかは書いてませんが、
実践を冷静に見返す事が、キモって当然の事を書いてたように記憶しています。

自分の気持ちはトラウトに持ってかれてるのですが・・・
離島の取材も控えているので程々にしとかなきゃイカンですナ・・・

いろんな魚が元気な時期ですね移り気です^^

2013.08.16 Friday

SW9月号ワインディングトレイル

多少なりともルールを決めて行った方が楽しい。
遊びのキホンである。

「ジブン」はどうか?というと
沖磯行った時はルアーだけでなくムロアジも平気で放り込むし・・・
オフショアも昔は一生懸命していたが、(知ってる人はカナリ古^^)
今じゃ純然たるレジャーフィッシングや漁手伝いだったり・・・
今後はルアーのテストでもオフショアを利用しようと思っている。
何だかんだ言ってあまりコダワリないようにも見える。

でも、本気のオフショアはSUPフィッシングの「一人力感」が自分の場合本気で
楽しめるし、どっぷりとのめり込める。
どうやら手前船頭自己都合自己責任自己満足、が団体行動が苦手な自分に何となくマッチ
するようなのだ。

はじめのうち、「SUPはウェーブで体幹トレーニング」とばかり考えていたのだが、
今では手軽ですぐ行けるし、気持ちいいし、楽しいし、何だか「コレいいじゃん!!」
になってきてます。


最近アツイから行ってないが、SUPフィッシングにハマっている。
何と言ってもSUPフィッシングは手軽だし、キャスティングが抜群に気持ちいいのだ。
「立つ」という事は凄い全身運動で、バランスがキモとなる。
そういった面では慣れが必要。
ここでも「リーダーキャッチまで座らない」ってのを自分の
「お楽しみルール」にしている。

いつかはSUPでGTとかセイルとか獲ってやる!!



という事で、今回SWでまだまだマイナーなSUPフィッシングの注意点を中心とした
サワリだけを紹介しました、是非見てください^^

暑くなる昼は書店へGO!! 




UZU Craft Blogはこちら
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode