2013.06.24 Monday

ソルティガLD、キャタリナLD、キャスティングするには・・・

 

 

LDリールをキャスティングに使うには、適度な技術と並みならぬ探究心が必要であります。
ダイワのHPには「チョイ投げ」と書いておりますが、
周りの冷ややか〜な視線に目をくれず、私共はフルボッコでキャスティングしてますハイ。

背中に突き刺さるその「蔑んだ冷ややかな視線」に耐えられないので、
どうにか仲間を増やし視線を分散を・・・と願っております。(切に)

ということで、キャストできない原因はバックラッシュにある訳で、
ライン放出の需要と供給に根幹があります。

バックラッシュしずらければ、チョットはニーズは伸びるのではないかと考えております。

なぜキャスト時のライン放出、需要と供給が崩れるのかと考察すると、

● スプール回転のアガリの問題、
● ラインシステムの抜け、
● それによる回転バランスの変化、
● ルアーの飛行姿勢


など様々な事柄が起因となっております。

解決させようという事であれば、「ライン放出を制御する」事しかないのであります。


という事で、純正のブレーキブロックより重く、フリクションの良い素材でブレーキブロックを製造すればいいという事で、そんなブレーキブロックをヘッジホッグスタジオさんにお願いして作ってもらいました。



左純正、右フリックショット
純正と同サイズ×4個と上写真のサイズ×4個の計8個セット¥1,600+税
¥1,680です 近日発売予定


ちょっと高いかなと思いますが、やはり大人の事情・・・という訳ではなく、
少量生産なのでこんな感じになっちゃいました。



付けたらこんな感じです。

使用感はいい感じでブレーキ効いてます!!!いい感じなので、是非お試しあれ
フリクションが高い=削れるので、消耗品としてお考えいただき、摩耗の程度により
早めの交換をお勧めいたします。

自分のソルティガLD30HSには平均50gキャストで大サイズ2個で十分でした。

お問い合わせはヘッジホッグスタジオさん並びに
弊社ダイレクト販売も受け付けております。
商品サイズによってはメール便等も対応可能ですので、できる限り柔軟に対応いたします。
とりあえず気になったりしたらご連絡ください。

0995-66-4114担当(ニーナ)

※お振込手数料はお客様にてご負担お願いいたします。
※代金引換(e−コレクト)ご利用の場合、手数料をご負担ください(佐川急便)
(1万円以下¥315、3万円以下が¥420)



uzu-mutumi(あ)oboe.ocn.ne.jp
 
※(あ)に@を入れてください

必要記入事項

〔樵亜
⊇蚕蝓
E渡暖峭罅
ぞι別勝
タ量:
Δ修梁勝



皆様のご注文お待ちしております。


そして・・・・・
実はこれには驚くべき続きがあります。










ええ・・・御察しの通りです。人類マグ化ですよ時代は・・・

非接触ブレーキは何かとアレです。
フィールドでは、気ままな風向きと、ルアースイッチなどが当然あります。

遠心ブレーキと、サブ的に5段階可変でマグネットブレーキアシストがあれば、
LDに金棒(106XX)、鬼にネオジウムです。

ヤマケン先生です。
LDマグ化計画、磁力線の最前線で一緒に戦っております。
試作機0号機〜現在2号機、(ソルティガLD50HS)にて行っております。
LD50HS用マグキットは何とかセッティングを出す段階まで来てます。

構造的には理に叶ったAVETのMCと違う別の方式です。
パーツ付け替えだけでできるように試行錯誤しております。


ソルティガ20、30HS、キャタリナ20,30SH 用も予定にありますが、
実はまだ手つかづです。(原理的には可能だと思います)

これもまた詳細決まりましたらご紹介したいと思います。
とりあえず進歩状況ということでした
2013.06.21 Friday

ソルティガLD30HS  Catalina LD 30SH 強化バネ&ワッシャーセット

非常にお待たせいたしました。
ソルティガLD20,30HS キャタリナLD20、30SHの
強化スプリング&ワッシャーセットがようやく完成いたしました。



という訳でも無いが・・・これしないとリール使えないという場合もあるので
何度もバラして覚えた方が良いと思います。(O/Hと一緒にね・・・)
抜け出す事の出来ないアナログの世界へようこそ!・・・なのね^^

以前、ご紹介した時より若干内容変更がありました。

スプリング側シャフトワッシャー
0.1mm×3枚
0.3mm×3枚

パーミングカップ側シャフトワッシャー
0.1mm×1枚
0.2mm×1枚
0.3mm×1枚

SALTIGA LD20、30HSCatalina LD20,30SH

※まずはじめに注意!

このチューニングには微細なクリアランス調整の為「コレ」といった明確な答えがありません。先ず、分解前の初期設定を必ず写真などに撮り、後に確認できるようにしておいた方が便利です。

ごくたまにパーツリストに載っていないパーツや、公差が激しい(と思われる)個体などがありますので分解、チューニングに際しては自己責任で最善の注意が必要です。

分解組み立ての基本的な説明

強化バネ&ワッシャーセッティング概要

このチューニングの必要性は、パーミングカップ側に遠心ブレーキ、ハンドル側に防水ドラグパッキンとある訳で、レバーをフリーにした状態でその左右間でスプールをフロートさせないとスムーズな回転が得られない為に微調整せざるを得ないチューニングと言えます。 

ハンドル側のドラグワッシャー&スプリングです

あぁコレコレ↑

#25スプリングを強化バネにチェンジします。キャタリナLDの場合は、強化スプリング無しでもドラグは比較的強く掛かるかと思います。その理由の記事


これで一度リールを組上げ、回転、ドラグ調節などをして調子を見てみます。

フリーにしたままでのドラグセッティングが向上し問題なければ一件落着です。

 

写真はLD50です。

 

 

不具合かな?と思った時の傾向と対策

何らかの原因で、回転が悪かったり、思い通りのドラグ値が出なかった場合、付属のワッシャーで左右のクリアランスの微調整をします。


※遠心ブレーキカラーが片減りする

ドラグワッシャー側からの押しが強く、パーミングカップ側のワッシャーが足りない

つまりスプールクリアランスが若干パーミングカップ寄りにセッティングされている訳で、#22ブレーキカラーの片減りだけではなく、#20ドラグクリックキャップの破損にもつながります。

キャスト時パーミングカップ側から異音がしたら要注意です。#6クリックポールの出口で削っている可能性もあります。


※#6クリックポールや、#10リングホルダーの端でブレーキカラーを損傷する可能性もあります。

 

※プリセットでドラグの初期設定が思ったように効かない(SALTIGALD30、20HS

ハンドル側のパワーロスによりドラグ板よりドラグワッシャーへの圧力が十分に伝わっていない。

#24ボールベアリング、#25スプリング、の間にワッシャーを入れて調整。ワッシャーを足せばドラグの効きは良くなります。

※強化スプリングは若干仕舞寸法が#25純正スプリングより厚くなってます。薄いワッシャーから徐々に足してドラグ値、回転をチェックしましょう。


パーミングカップ側のワッシャー調整の写真ですが、0.1mm3枚付いてないので0.1mm+0.2mm、もしくは0.3mm1枚で対応してください。

#17はサラバネです。一方方向にまとめたり、併せたりして、クリアランスを調整いたします。

このサラバネが効かないようにしてしまうと写真右ベアリングを圧迫してベアリングの寿命が短くなる可能性があるので要注意です。

個体差があるので一概には言い切れません。各々ベストなセッティングを探してください。

 

※#24、#26のベアリングの基部を圧迫するので、ベアリングの損傷、回転性能の低下を引き起こす可能性があります。

保管前は、こまめにオーバーホールし、保管時はドラグレバーを下ろし、スプールをフリーにしてベアリングへの負担が少ないようにしましょう。ベアリングの持ちがだいぶ良くなります。

 

※フィールドへ行く前に、セッティングに不具合が無いか、試投、ドラグ値、などをチェックする事をお勧めいたします。繰り返すようですが、分解組み立てなどは自己責任でお願い申し上げます

UZU Craft Blogはこちら
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode