<< 俺たちのシャバジグ!!(その1) | main | トカラの中の蛙(小笠原釣行その1) >>
2011.09.27 Tuesday

俺たちのシャバジグ!!(その2)

 そんなこんなで製造にこじつけた「俺のシャバジグ100g」
シャバジグで一番最初に完成した一番最初のオリジナルです。

シャバジグ100gは発売当初から不思議と今まで大幅なマイナーチェンジなどほとんど無く、
背中のシェイプを軽くイジッた程度でした。


酷似したジグは、どうやらその100gだったらしい。
友人から送ってきた現物を見て、私は愕然としました。

物を造る者として、ガッカリしました。
製造工程は物凄く簡素化して造りは物凄く雑ですが
サイズも、シェイプも、ウェイトもほぼまんまです。
明らかに「俺のシャバジグ100g」に対してのコストパフォーマンスを狙った物に間違いありません。
テロに近いと感じました。



「俺のシャバジグ100g」メーカー希望小売価格1400円
それは決して安い物ではありません。

しかしながら、正直、店卸の金額から材料代、人件費、等を引いたら
そんなに利益が出るものでもありません。

なにせ鋳込みからバリ取り、パッケージング、に至るまですべて
妥協なき手作りで行っていますので、
機械で一気に量産できる所にはコスト面では敵いません。

一度、見積もりをとってみたことがありますが、
到底納得いく仕上がりではなかったという事と、製造ロットが大きいので
仕上がった物と向き合い、見直し、微妙なマイナーチェンジが出来なくなる事を懸念して
自分達で造り続ける事を決意しました。

UZUを、自分を信じてオリジナルのシャバジグを購入して下さっているユーザーの方々にこのままの状態では誠に申し訳ないと思い、

何とか製造している所を突き止めよう、そして回収してもらうように何とかお願いしよう!!
と自分は決意しました。

非常に正確ななウラが取れないと、この「複製品」を訴える事ができない。
同じジグと認めてももらえないかもしれない。
回収してもらえる見込みは少ないと考えたほうが良いので、
最初からこの戦いは負け戦である。

どうしたらいいだろうか・・・

 \唇佞覗覆┐襦淵リジナルを叫ぶ)
◆(屬靴堂爾気い氾擴失造垢襦焚燭悪いことしたかなぁ)
 製造をストップしてもらい、国内にある分できるだけ買い取る(金銭的に無理)

など、いろいろ考えたが、
あれ・・・なんかこっちの方が悪い事したみたいだなぁ・・・

自分が考えていても良い案が浮かばないので友人達に知恵を借り、
「俺たちのシャバジグ」を取り返す為の秘密のグループを結成しました。

「新名啓一郎とティアドロッパーズ」!?
何じゃそりゃ!?

何だか面白くなってきた。

シャバジグを取り返せっ!!!(その1)に続く
UZU Craft Blogはこちら
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode