<< 大流行しない釣りをブラッシュアップ! | main | バランス良く楽しむ。 >>
2015.04.07 Tuesday

SUPライトジギングってこんな感じです。


魚が掛かったらてんやわんや一畳足らずのドタバタ劇場です。
ライトなタックルで大きいの掛かったら「キャ〜」って引きずり倒される幸せを満喫できます。ラインブレイクしないようにパドルで真上をキープさせつつ勝機を伺うのであります。

まるでおもちゃ売り場で孫に振り回されるおじいちゃん。 
(某F岡氏比喩)


バスのULロッドで楽しんでたモリシマ工場長、「楽しいッス!!」
以前、キャスティングで青物を狙っていた時、すさまじいバイトと共にHIT!リールを巻くと予想外に小さそうだったのでゴリ巻を敢行すると、結構まぁまぁデカいサ イズのブリがボードの前で悶えている・・・・・引かないんじゃなくて、ボードが寄ってたのね〜・・・なんて考える間もなく猛反撃に合い、バランスを崩し ボードから落とされた事があります。
ショアでは簡単にヒネリ倒せる相手でも、不安定なボードの上では上手くいかないものです。

バランスを取りテンションを掛ける⇒パドルで魚の真上に操舵⇒ライン回収・・・
ターゲットが大きくなると他の釣りで入らない動作(ボード操作)が1つ多くなるので、意外と忙しいです。


昨日釣れたタイ これは浅場ですが・・・・

20gのジグで100mの底が・・・?!

20gのジグで100m以深でもボトムが取れるという事が衝撃でした。
勿論、細いPEで、潮と風が緩やかで、フォール中片手パドルでラインが立つように細かくボードを操作するのですが、何よりもSUPF一人力で可能という事に強い感動を覚えました。

ボードを風にたてる(ノーズUP)
ノーズ(ボードの先)を風上に向け真下に伸びるラインの位置を片手パドルでキープし、風にボードを立てるのですが、ドテラジギングよりタイトなジギングが可能です。
魚探のファインダーに映ったジグを追ってくる魚も食いつく瞬間まですべて丸見えとなります。
これが面白くない訳がない。たぶんこの方法に名前が無いと思うので、自分は「ノーズUP」って言ってますが、誰かカッコイイ名前があったら勝手に付けてください。

片手でパドル
片手でパドルする場合は肩腕に置き手首を回して固定、左側も右手で漕ぎます。前後左右どちらにも微調整が可能です。
唯一の弱点は左後方からノーズに向けてパドルする時、手首に頼ってしまう事。
ちなみに、喫水が低いぶん風の影響が大きいのは立ってる自分と魚探ボックス。個人的にはカヤックより風に強いように感じます。

変態ボード(ウェーブ用)を手にするCT氏、ウェーブライディングで緊急時の対処法や、パドルワーク、身体的なスキルなどを楽しみながら身に着ける事が出来ます。

それは鹿児島湾での話

風に強いとは言っても、まともに実釣可能なのが海面もチョッピーになるので風速5メートル前後までですけど、それは鹿児島湾での話。外洋に面した地域では風が吹けばすぐに波が上がりますので、気象予報の度重なるチェックと自分のスキルに応じた釣行を心掛けましょう。


UZU Craft Blogはこちら
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode