2018.06.01 Friday

SUPボードの基本

 

立って漕ぐ、だからスタンドアップパドルボード

まずは漕ぎ方のサワリだけ!

 

 

SUPボードとはご存知の通り「スタンドアップパドルボード」で真ん中にあるセンターハンドル付近に、肩幅より少し狭めの足幅で立って漕ぎます。「立って漕ぐ」事を前提としないと、パドルのストロークも安定感の話も前に進まないので「立って漕ぐ」事について軽く説明をさせてもらいます。

足の母指球、小指球、踵、の3点両足で計6点でバランスを取りながら、上半身で作った力は軸を通ってこの足の裏6点がボードにつたえて初めて推進力となります。
チャプチャプパドルで海面を撫でるだけでは、とても満足できる推進力は生まれません。

良くボードに座って釣りしてる動画がありますが、あれでは「シャガンダップフィッシング」です。フラットコンディションの時、船舶の往来が無い浅場で楽しむ分には問題ないかと思いますが、「慣れれば立った方が絶対楽」だし安全です。

※正しい漕ぎ方や、「パドルトレーニング」通称:漕ぎトレについては準備中ですのでお待ちください。

 

 

SUPボード部位名称

 

 

 

まずはじめに、簡単なボードの部位名称の紹介です。サーフィンをされている方はご存知と思いますが、
アングラーには馴染みの無い横文字です。直感でなんとなくわかる名称なので興味がある方は覚えてもらえば損はないです。

右が乗るオモテ面、左が海面側ウラ面になります。図右、表面のEVA製デッキパッドの上に立って漕ぐ感じです。

 

 

 

ハードボードの現在の主流はEPS(発泡スチロール)をFRPやカーボンで何重にもラミネートするシンプルな構造ですが、このシンプルさゆえ形状で大きく左右されます。量産のマシンシェイプから、いつかは持ちたい憧れの職人ハンドシェイプまで、メーカーにより製法も強度も様々です。ぶつけたり落としたりしたらへこむし割れる場合もあります。割れた場合はEPSに水分が浸みこむので取扱いに注意が必要です。メンテナンスや取り扱い方も追々準備いたします。

 

 

 

 

 

ノーズロッカーについて

 

 

ボードを側面から見るとノーズとテイル側に反りがあります。

Aのように接水面積が長く直進安定を長く保てるようなロッカーデザインはクルージングやレースなどのボードに適していて、

Bはロッカーの傾斜角がきつい分、接水面が小さくなります。ウェーブライディングなどでのテイクオフの時ノーズが刺さり込まない、もしくは軽快なトップターンでボードを返したいウェーブパフォーマンス向けのロッカーデザインと言えます。

一概に言えませんが、11フィート位の長さがあるボードはAに近く、短くなるにしたがってBに近くなってくる傾向があります。

 

 

安定するボードがイイという嘘

単純に安定感だけを考えると、縦揺れのピッチ軸と横揺れのロール軸そして横揺れを支えるボードの浮力や海面を押える面積がボードの安定感です。

短いボードで、幅があり安定感があるボードは、いっけん良いボードだと勘違いしてしまいがちですが、直進安定性に優れない旋回性能、ヨーイングに優れたボードです。
 

 

 

 

長さによる直進安定性と旋回性能の傾向

 

 

 

Bのボードようにボードが短くなればピッチ軸で失った安定性を補う為、ロール軸を司るボード幅が広くなったりボードの厚みで浮力を増したりします。ウェーブも視野に入ってくる為、短くなればなるほどノーズロッカーの角度がきつくなる傾向にあります。

 

A,Bの各ボードの上下に入っている線は接水線として、各ボード左側をオレンジのライン1パドル漕いだ場合、上の矢印の方角に進む訳です。

Aのボードは片方4パドルでも直進に近い軌道になりますが、

Bのボードの場合、片方2パドルづつ漕いでもジグザクでダッキーな軌道になり、真っ直ぐ進まないうえに、パドルの持ち替えの為、2倍のタイムロスが発生します。

 

 

 

風波が発生した時などは更に・・・

Aのボードは風波を打ち破り直進惰性を残したままスムーズに次のパドル動作に移れノーズは次の波を捕らえるが、

Bのボードは反ったロッカーで波を受け止め失速しながら更に波によって進行方向を阻まれます。

 

単純に言ってノーズからテールまでの水に触れている距離が長いほど直進安定性は高い傾向にあります。

幅は直進に対しての抵抗になるので狭い方が良いのですが、あまり幅が狭すぎると両足でロールのバランスをとりながら漕ぐ事に対し限界が出てきます。ロールが出てしまうと余計な抵抗が増えるので失速したり進行軌道がズレてしまいます。

 

幅が広すぎたら漕ぎ出しに重さを感じ、幅が狭すぎてもバランスをとりづらいボードです。

 

購入に際しては、体重、体幹、スポーツ歴、など人それぞれなので、できる限り試乗してご自分でコントロールできるかを確認した上で購入する方が得策と言えます。

 

 

SUPボードはお店の中では巨大に感じるかもしれませんが、海に浮かべると物凄く小さく感じます。目的に応じたボードをチョイスしてください。

 

 

関連記事リンク

 

SUPフィッシングをはじめるにあたって関連各所の皆様へ 

 

SUPフィッシングのルールとマナー

 

SUPフィッシングに適したボードとは?

 

SUP講習メニュー

2018.05.31 Thursday

SUPフィッシングに適したボードとは

ネットを見ると、SUPを経験したこともないような人が、使った事もない道具を無責任に勧めるサイトが目立つように感じます。

本当の情報を知ろうと思っている人は、是非お近くのショップ様やSUPフィッシングを楽しまれている方にご相談ください。

 

一括りにSUPボードと言ってもレース、クルージング、ウェーブライディング、ヨガなど様々な用途があり、現在用途専用のボードが開発されていますが、現在SUP導入者が多く、SUP市場は売り手主導の為、品質や製品コンセプトに疑問を抱くパドラーも少なくないのではないでしょうか?実際弊社も気になるボードがあったら一度購入して長い時間フィールドで試しメリット、デメリットを理解し、それが購入者の体格、身長、スキル、使い方にマッチするか伝えて販売するよう心がけています。

 

実際、SUPボードをネット購入された方で、買い換えられた方や、買い替えを検討される方、中にはたった数回の使用で壊れて修理不能になったと泣きつかれたケースもあります。SUPフィッシングでどのようなボードが必要なのか?はじめての1本を購入するにあたって非常に悩まれるかと思います。決して安いものではないので地域のショップ様などSUPフィッシングに精通された方に相談されたうえで、慎重に検討されるようお願いいたします。

 

ボードのリペアや雑品、リーシュコードなどの消耗品の購入、安全の為のローカルルールの確認や保全活動で顔を合わせるので、相談窓口として地域のSUPを取り扱っているショップ様と上手く付き合う事が大切です。

 

 

まずは基本、漕ぎ方のサワリだけ!

 

 

SUPボードとはご存知の通り「スタンドアップパドルボード」で真ん中にあるセンターハンドル付近に、肩幅より少し狭めの足幅で立って漕ぎます。「立って漕ぐ」事を前提としないと、パドルのストロークも安定感の話も前に進まないので「立って漕ぐ」事について軽く説明をさせてもらいます。

足の母指球、小指球、踵、の3点両足で計6点でバランスを取りながら、上半身で作った力は軸を通ってこの足の裏6点がボードにつたえて初めて推進力となります。
チャプチャプパドルで海面を撫でるだけでは、とても満足な推進力は生まれません。

良くボードに座って釣りしてる動画がありますが、あれでは「シャガンダップフィッシング」です。フラットコンディションの時、船舶の往来が無い浅場で楽しむ分には問題ないかと思いますが、「慣れれば立った方が絶対楽」だし安全です。

※正しい漕ぎ方や、「パドルトレーニング」通称:漕ぎトレについては準備中ですのでお待ちください。

 

まずはSUPボードの基本をまとめたのでこちらを参考にしてください

SUPボードの基本

 

 

SUPは海面を滑るように進む乗り物なので、平水で風のない時は さほど気にならない程度と思いますが、急な天候の変化や、外洋に出て長距離パドルする場合、ボード形状や長さによって圧倒的な差が出ると思ってください。
 

 

 

SUPフィッシングに適したボードとは?

レースボードは直進性を殺さないようにデザインしたモデルが多く、ボードの幅やボトム形状が不安定なモデルが多く、(ロールしても直進推力を保つ為)ロールする為不向きなモデルが多い。

 

11フィート以上のクルージングボードがSUPフィッシングに向いていると感じております。10フィートクラス、もしくはそれ以下になってくるとモデルによってはウェーブライディングの要素が徐々に強くなってくるのであまり向いてないです。SUPフィッシングを目的に購入される場合、11フィート以上のクルージングボードの購入が今のところ一番無難な選択ではないかと思っております。※11フィート以上であっても形状的に向いていないモデルもありますので一概には言えません。

 

 

注目のフィッシング用SUPは・・・

注目のフィッシング用SUPはと言うと海外主導となるケースが多いようで、一概には言えませんが平水面メインで、ボードの安定性を求めロッドホルダーを付けただけの幅広で漕ぎが重いボードが多いようなので、使用条件も海域もそもそもコンセプトがバラバラな物が多い印象です。フィッシング用だから・・・安定してるからと言って漕ぎ力が無い初心者パドラーに決してオススメできるボードではありません。

 

インフレータブルSUPも数本購入して試していますが一様に耐久年数と風に弱い傾向にあります。あと、耐久性が低いと言う点とバーストした場合のリペアが効かない場合があるので中古購入や訳の分からないメーカーはお勧めしません。現在もインフレータブルボードを購入してテストしておりますが、安全性耐久性に問題ないようでしたら紹介できるかもしれません。

 

SUPフィッシングに本当に適したボードがフィッシング用ボードのラインナップに無いと言う事は、今後新しいラインナップとして出てくる可能性に期待しております。ノーズやテイルの形状、デッキの形状など自分で考えるだけでも改善する余地は色々とありそうですので今後各メーカーさんに頑張ってもらいたいものです。

 

 

最後に・・・

今後ますます増えてくると予想されるSUPフィッシング用ボードの解説中心の内容となりましたが、SUPフィッシングは「道具が揃ったら一人前」という世界ではありません。ルールとマナーを知ったうえで、パドルスキルがあってはじめてSUPフィッシングのスタートラインに立てるので、是非、インスタントではない「技の介入する釣り」として永〜く楽しめると思って取り組んでいただければ幸いです。

 

関連記事リンク

 

SUPフィッシングをはじめるにあたって関連各所の皆様へ 

 

SUPフィッシングのルールとマナー

 

SUPボードの基本

 

SUP講習メニュー

 

UZU Craft Blogはこちら
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode