2013.12.19 Thursday

モアディープなフックの考察


皆さんフックってどうやって決めてます?見た目のカッコ良さ?ルアーとのマッチング?
過去の実績?偉い人がイイって言ってるから?

ヤッパこのルアーにして一発です!
なんてフガフガ鼻息荒げても、魚連れてきてくれるのは実は「フック」です。
フックはエライです。
そのバイト生かすも殺すもあなたのフックセレクトに掛かっている重要な事なのです。
重要なのはルアーの色とかもそうなのかもしれませんが、フックを外す時に、どうやって掛かったか?を考察する事も次の1匹に繋げる重要な課題であります。

バレる、折れる、伸びるソースは?
この竿バレる・・・とかこのルアー乗らない・・・このフック伸びる、折れる・・・
とかみんないろいろ言ってますけど、ファイトに不備があるか、フックを含めたタックルのトータルバランスが崩壊して自分の釣りが見えていない人が多いように感じます。

自分は結局、フックポイントがどれだけ魚皮に立つかが最初のキーだと思う。
※掛りについてはゲイブをペンチで広くしたり、フックポイントを外に出すなどして、フック形状でもっとフッキング・・・というか初期掛りを向上させる方法がありますが、

たぶん現在流行?の兆しを見せるオフショアでのシングルフック使用も、こんな感じに最終的に落ち着くもしくは進化なくしては、静かにフェードアウトするのではないかと勝手に想像しています。たぶんフッキングに不満を持っている人は多い筈である。

私達はモンモンさん発売前、色々悩み、考えた挙句、実践的なシングルフック標準装備のヒラスズキ用ハードプラグがあってもイイんじゃないの?その当時はヒラスズキって今みたいにメジャーな魚じゃなく、まだマニアック臭がプンプンしてたし、
トリプルフックで飲まれエラに掛かるよりは、小さな魚はバラしてもビッグワンにターゲットを絞り、シングルを口の周りに確実にフッキングさせるのが真の目的だった訳です。

それを解る同志からの支持は厚かったが、やっぱりみんなちっちゃい奴の顔も見たいのだ。その気持ちも解る。あれから実践を重ねてだいぶいろいろな魚種をシングルフックでヤルようになり、何かと研究を重ねてフィールドで進化し、何かとうっすら見えてきました。

単純に考えても。(
このフックチューニングのフッキングメカニズム)
自分なりの解釈で、多少屁理屈ですが、単純に掛かりやすさの基準として開けたフックポイントを数えると、シングルフック×2本×2(FR)の場合の方が数でいえばフックポイントが多い。フックポイントが確実に下にある為(F)2本(R)2本の計4つのフックポイントがある訳で、個々に自由な事を考えれば、初期掛り後にもうカタワレが絡まって刺さったりするので、掛かり良くて当然と言えばそうなのかもしれません。

メカニズムとしては、1本魚皮に乗り、貫通、そしてもう1本が縫い込み固定される。というケースと、2本魚皮に乗ったとしても1本1本の自由度は高く初期掛かり後もフックポイントからアイに抜けるベクトルは変わらないので、意外とすんなり2本とも貫通。
フッキングが無理なベクトルに働かないので、細軸で貫通力があるのがいいです。
というか実はそこも核心である。

このシングルフックを4本付けるフックチューンでは、以前サバ1000本ノックとかセイゴ、ヒラセイゴのモグラタタキなどでフッキングのデータ取った時、トリプルフックを超えるほどの圧倒的威力に、ここまで違うかとだいぶ驚きました。

このやり方ですと、シングル1本×1本で厳しかったショートバイトの魚から、歯物の魚や、シイラなどの表層をジャンプする回遊魚、青物などにもオールマイティに、ちゃんとフッキングしやすく、そしてバレにくくなるのが解ってきました。

しかし、ニーナが「イイ!!」って言ったからと言って気安く信じるべからず!!
疑いを残しつつ、ニュートラルな気持ちでフィールドで自分の答え合わせをスルベッキ!!であります。


トリプルフックの掛かるメカニズムってどうよ?
トリプルフックの掛かるメカニズムはシングルとは違い、また特殊だと認識しているのでその点は今回大幅に端折りましたが、単純にルアーからの出幅でもフッキング率は大きく違うのですが、メカニズムの違いを簡単に説明すると、

理想は、1本魚皮に乗り、そのまま貫通して、2本目が皮を縫い込みホールドな訳ですが・・・2本乗って1本を支点として、1本貫通して、うまくいけば自由度が高くなり周りの2本のうち1本が魚皮を縫うって感じ・・・・ですかね?
フックポイントが2本乗った場合、立体的に考慮するとフックポイントが内向きにネムっていればいる程、1本乗る場合と違うベクトルに働くのでので魚皮と肉を引き裂かない事には2本とも貫通できないという事は考えれば解りますよね・・・固定された碇針なので変な方向に力が掛かると伸びるのも当然と言えばそれまでです。
一度刺さってしまえば、その円周軌道しか回れないので、ホールドさせるための縫込みが伸びる皮の部分でないと難しいかもしれません。


確率論として・・・魔法のフックなんて無い訳で・・・
ちなみに、私が好きなトリプルフックは、ST-56や66シリーズのようなシンプルでワイドゲイブな形状のフックが好みで、1本ずつのシングルフックとして考えると掛かりやすくて伸びやすい形状とも言えるのですが、それを使うにはそれなりの理由があります。

シングルフックやエサのハリには、魚種やエサの種類に応じて必要性がある。
それは当然ある程度の種類必要だと思います。

しかし、トリプルフックは「引っかかる為のメカニズム」こそが全てで、そこが核心であり、それを貫通させる為に必要なタックルや(先ほど話したバランスの事です)ターゲットのサイズに併せてカタチは変えず鋼材や線径だけが変わるのが真の姿なのかもしれないと、自分はシンプルに考えています。

確率論としてほんの1ミリでもフックポイントが魚皮を広くそして深く捉え貫くほうが良いと考えてます。
逆に言うと、掛からなかったりバラしたり、伸びたり折れたりした理由を「フックの形状のせい」にせず、「自分の選択、対応ミス」とする為に現在トリプルフックをシンプルに考えるようにしています。

トリプルフックのフッキングメカニズムは複雑ですが、皆さんも魚がどうやってフッキングするか、何故ホールドしたか?何故このような掛かり方になったのか?もっともっとディープに考えてみてはどうでしょうか?
たぶん真の意味でお気に入りのフックや使わなくなるフックが出てくると思います。
図解すればよかったのですが、解りづらくてスミマセン・・・・
ニッチな世界のカルトな話題に最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。
UZU Craft Blogはこちら
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SUPフィッシング エントリーの方法 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=XcZ-cTMZE-A
SUPスタンドアップパドルへの再乗艇 YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=1NTN82ngar8
Selected Entries
最新の投稿記事リスト
Categories
Archives
旧trip
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode